コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚源 かくげん

2件 の用語解説(覚源の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

覚源

鎌倉初期の僧・歌人。藤原定家の子。法印・権大僧都。『続拾遺集』『新後撰集』に和歌が選入されている。建保3年(1215)生か。文永7年(1270)存、歿年不明。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚源 かくげん

1000-1065 平安時代中期の僧。
長保2年生まれ。花山天皇の第3皇子。真言宗醍醐(だいご)寺の明観にしたがって出家し,深覚にまなぶ。寛仁(かんにん)2年(1018)醍醐寺座主(ざす)となる。治安(じあん)2年仁海(にんがい)から灌頂(かんじょう)をうける。のち東寺長者,東大寺別当。康平5年権(ごんの)僧正にすすんだ。治暦(じりゃく)元年8月18日死去。66歳。通称は宮僧正。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone