コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚鱉城 かくべつじょう

世界大百科事典 第2版の解説

かくべつじょう【覚鱉城】

日本古代の城柵。758年(天平宝字2)の桃生(ものう)城についで767年(神護景雲1)に宮城県最北端に伊治城が造られると,次には北の胆沢(いさわ)の地つまり岩手県南部が,律令政府にとって領土獲得の対象となった。そこで伊治城から13年遅れて780年(宝亀11)に覚鱉城築城の議がもち上がった。おりしも伊治城より南の長岡(宮城県古川市)の百姓家が賊に焼かれる事件が起こり,造営はいよいよ急を要した。同年3月に按察使(あぜち)紀広純が直接築城の指揮を行ったが,蝦夷出身の伊治呰麻呂(あざまろ)の反乱にあい,殺害されるという事件があったので,完成したものかどうか不明である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

覚鱉城の関連キーワード孝謙天皇寂仙淳仁天皇正倉院称徳天皇続日本紀済州島松坂屋跡地の再開発計画渡来人贛江

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone