コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊治呰麻呂 いじのあざまろ

8件 の用語解説(伊治呰麻呂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊治呰麻呂
いじのあざまろ

奈良時代末期の蝦夷出身の武将。陸奥国上治郡大領。宝亀8 (777) 年,出羽の蝦夷鎮定の戦功により外従五位下に叙せられたが,同 11年反乱を起し,按察使 (あぜち) 参議紀広純を伊治城に殺した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

伊治呰麻呂【いじのあざまろ】

奈良時代末期に伊治呰麻呂の乱を起こした蝦夷(えみし)の族長。《続日本紀》によると,780年陸奥国上治郡大領(だいりょう)伊治呰麻呂は伊治城宮城県栗原市築館)で牡鹿(おしか)郡大領道嶋大楯(みちしまのおおたて),按察使(あぜち)の紀広純(きのひろずみ)を殺害し,南下して多賀(たが)城に侵入して放火・略奪した。
→関連項目玉造柵

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊治呰麻呂 これはりの-あざまろ

いじの-あざまろ

伊治呰麻呂 いじの-あざまろ

?-? 奈良時代の蝦夷(えみし)の首長。
陸奥(むつ)伊治(宮城県栗原郡)を本拠とする。宝亀(ほうき)8年出羽(でわ)の蝦夷を討ち,のちに上(伊)治郡の大領(郡司)となる。11年(780)朝廷に服属していた蝦夷をひきい伊治城で反乱,紀広純(きの-ひろずみ),道嶋大楯(みちしまの-おおだて)を殺し,多賀城を攻略した。25年におよぶ戦乱のきっかけとなる。氏は「これはり」ともよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

いじのあざまろ【伊治呰麻呂】

奈良末期の蝦夷族長。生没年不詳。780年(宝亀11)蝦夷経営始まって以来の辺境の大乱となった,いわゆる〈伊治呰麻呂の乱〉をおこした。呰麻呂はもと陸奥国伊治村の蝦夷族長で,奈良末期の政府側の蝦夷経営にあたってはこれに協力し,外従五位下を授けられ,上治郡大領に任ぜられた。しかし同僚牡鹿郡大領道嶋大楯が,一門道嶋宿禰の権威を笠に,呰麻呂を蝦夷出身者と侮蔑するのを恨み,かつその大楯を信任する按察使(あぜち)紀広純にも含むところがあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いじのあざまろ【伊治呰麻呂】

これはるのあざまろ【伊治呰麻呂】

奈良時代末期の蝦夷の族長。伊治城(宮城県栗原市)造営に功を上げ、外従五位下。参議紀広純きのひろずみらから夷俘として侮辱されると、780年反乱を起こし、多賀城を陥れた。いじのあざまろ。これはりのあざまろ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊治呰麻呂
いじのあざまろ

生没年不詳。伊治公(きみ)。古代蝦夷(えぞ)の族長。陸奥(むつ)国上治(かみじ)郡(伊治郡か)の大領(たいりょう)であったが、780年(宝亀11)伊治城(宮城県栗原郡)に按察使(あぜち)紀広純(きのひろずみ)、牡鹿(おしか)郡大領道島大楯(みちしまのおおたて)を殺して反乱を起こし、長駆、多賀(たが)城まで陥れる大乱となる。これを鎮定するための軍事行動は、その背後にあった胆沢(いさわ)蝦夷の抵抗を誘発し、およそ四半世紀にわたる古代国家掉尾(とうび)の国家統一戦争に発展する。呰麻呂は蝦夷出身ではあるが、政府側に組織され、外従(じゅ)五位下、郡司というその権力の末端機構に連なる俘囚(ふしゅう)の長であった。それだけに、この乱は「夷(い)を以(もっ)て夷を征す」という高等政治が重大な破綻(はたん)を見せ始めた一大異変であった。按察使の傲慢(ごうまん)、権威を笠(かさ)に着た同僚大楯が彼を夷俘(いふ)として侮蔑したことがきっかけとなり、屈折した憤懣(ふんまん)が爆発したものだった。呰麻呂のその後については記録がない。[高橋富雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊治呰麻呂の関連キーワード阿倍比羅夫蝦夷志生没年清元斎兵衛道嶋大楯堅田喜惣治善派望月太左衛門柳川一蝶斎山彦河良

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone