親孝行(読み)おやこうこう

精選版 日本国語大辞典「親孝行」の解説

おや‐こうこう ‥カウカウ【親孝行】

〘名〙
① (形動) 親に真心をもってつかえ、大切にすること。親に孝行を尽くすさま。⇔親不孝
神道集(1358頃)六「子に縁无者、或親孝行の為に財宝を祈衆生には、自ら納受をんと誓ひ給」
② 江戸末期、張り抜きの男の人形を胸に抱き、ちょうど孝行息子が親を背負ったようにみせかけ、「親孝行でござい」と町中を流して、をもらい歩いた乞食

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「親孝行」の解説

おや‐こうこう〔‐カウカウ〕【親孝行】

[名・形動](スル)親を大切にし、真心をもってよく尽くすこと。また、そのさまや、その人。「親孝行したいときには親はなし」「親孝行な少年」⇔親不孝
[類語]孝行親思い孝養

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android