真心(読み)しんしん

精選版 日本国語大辞典「真心」の解説

しん‐しん【真心】

〘名〙 (「しんじん」とも)
① 迷いや疑いのない真実の心。また、純真無垢な心。まごころ。
※米沢本沙石集(1283)二「衆生の心も真心(シンシン)は体也、水の如し、情識は用也、波に似たり」 〔後漢書‐竇融伝〕
② 仏語。真実の信心(しんじん)
※本朝麗藻(1010か)下・晩秋遊清水寺上方〈藤原有国〉「真心偏得千仏、俗骨還如半天

ま‐ごころ【真心】

〘名〙 (形動) (古くは「まこころ」とも) いつわりや飾りのないありのままの心・気持誠心誠意他にほどこし尽くす心。また、そのさま。赤心。
※落窪(10C後)一「さるべき人も、ことにま心なるけしきも見えぬに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「真心」の解説

ま‐ごころ【真心】

真実の心。偽りや飾りのない心。誠意。「真心のこもった贈り物」「真心を尽くす」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゴールデンカムイ

「週刊ヤングジャンプ」(集英社発行)で2014年38号より連載されている北海道出身の漫画家・野田サトルの漫画作品。日露戦争の帰還兵である杉元佐一が北海道で一攫千金を目指して繰り広げる冒険劇で、作中のア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android