コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観世銕之丞(8代) かんぜ てつのじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

観世銕之丞(8代) かんぜ-てつのじょう

1931-2000 昭和-平成時代の能楽師シテ方。
昭和6年1月5日生まれ。7代観世銕之丞の4男。観世寿夫(ひさお),観世栄夫(ひでお)の弟。観世流。3歳で初舞台。昭和29年ベネチア国際演劇祭で能の海外初演をはたす。古典能の現代への再生をこころざし,また新作能,実験劇,ギリシャ悲劇なども手がける。55年8代を襲名。平成4年芸術院賞。7年人間国宝。平成12年7月3日死去。69歳。東京出身。暁星中学卒。本名は静夫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

観世銕之丞(8代)の関連キーワード清水宏斎藤寅次郎五所平之助マキノ雅広ルロイ星図稲垣浩成瀬巳喜男内田吐夢島津保次郎

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android