コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観世銕之丞(8代) かんぜ てつのじょう

1件 の用語解説(観世銕之丞(8代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

観世銕之丞(8代) かんぜ-てつのじょう

1931-2000 昭和-平成時代の能楽師シテ方。
昭和6年1月5日生まれ。7代観世銕之丞の4男。観世寿夫(ひさお),観世栄夫(ひでお)の弟。観世流。3歳で初舞台。昭和29年ベネチア国際演劇祭で能の海外初演をはたす。古典能の現代への再生をこころざし,また新作能,実験劇,ギリシャ悲劇なども手がける。55年8代を襲名。平成4年芸術院賞。7年人間国宝。平成12年7月3日死去。69歳。東京出身。暁星中学卒。本名は静夫。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

観世銕之丞(8代)の関連キーワードドイツ映画自動車電話谷川岳2000年問題ダイハツ三輪車第1号車(HA型)書店ハ ジウォン台湾映画井上財政満州事変

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone