コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観世寿夫 かんぜひさお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

観世寿夫
かんぜひさお

[生]1925.11.12. 東京
[没]1978.12.7. 東京
能楽師,観世流シテ方。7世観世銕之丞 (雅雪) の長男。第2次世界大戦後の楽界における旗手として活躍。 1962年フランス政府招聘留学生となり,J.-L.バローらと親交を結ぶ。以降,演出意図の透徹した古典能を継承する一方,現代演劇・現代音楽界との交流も行い,新作能や電子音楽の舞踊化などで幅広い支持層を得た。円熟期を迎える前に急逝没後『観世寿夫著作集』 (4巻) が編まれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんぜ‐ひさお〔クワンゼひさを〕【観世寿夫】

[1925~1978]能楽師シテ方観世流。東京の生まれ。7世観世銕之丞の長男。戦後能楽界の旗手的存在として活躍。能楽研究や演劇運動も行った。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

観世寿夫【かんぜひさお】

楽師。観世流シテ方。東京都生れ。観世宗家の分家に生まれ,父7世銕之丞(てつのじょう)の兄華雪に師事,第2次大戦後能楽界の旗手的存在となる。世阿弥の伝書を中心とする能楽研究に力を入れ,古典の正統的継承に努めるとともに,前衛的な演劇運動にも参加,能を現代の演劇として再生させようとした。
→関連項目観世栄夫

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

観世寿夫 かんぜ-ひさお

1925-1978 昭和時代の能楽師シテ方。
大正14年11月12日生まれ。7代観世銕之丞(てつのじょう)の長男。父と祖父の観世華雪に師事。傑出した芸と理論で戦後の能楽界をリード,華の会を組織し古典の能に新風をふきこむ。「智恵子抄」などの新作能を演じ,冥(めい)の会を結成して「オイディプース」を上演するなど,あたらしい演劇運動にも参加した。昭和53年12月7日死去。53歳。東京出身。前名は清寿(きよひさ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かんぜひさお【観世寿夫】

1925‐78(大正14‐昭和53)
能楽師,観世流シテ方。東京の生れ。観世宗家の分家,7世観世銕之丞(てつのじよう)雅雪(1898‐1988)の長男。1944年清寿(きよひさ)と改名,49年本名の寿夫に戻る。祖父観世華雪に師事。早くから天分を認められ,第2次大戦後能楽界の旗手的存在として活躍。天賦の技量と努力,研究熱心によって,演出意図の透徹した能を演じ,たえず古典の正統的な継承と現代への再生を志向した。世阿弥伝書を中心とする能楽研究や新しい演劇運動にも参加した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんぜひさお【観世寿夫】

1925~1978) 能楽師。シテ方観世流。東京生まれ。七世観世銕之丞の長男。弟の栄夫・静夫とともに「華の会」を結成して、正統な能の継承と新しい能の在り方を求めた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

観世寿夫
かんぜひさお
(1925―1978)

能のシテ方。観世流宗家の分家、7世観世銕之丞(てつのじょう)(雅雪)の長男。前名清寿(きよひさ)。栄夫(ひでお)、静夫(8世銕之丞)はその弟。天分と精進と理論の兼ね備わった名手で、能界に大きな影響を与えた。華の会などを結び、傑出した演技で古典の能にも新風を吹き込むほか、新作能『智恵子抄(ちえこしょう)』『鷹姫(たかひめ)』、前衛音楽と能の技法の融合『水の曲』、冥(めい)の会を主宰しての『オイディプース』『ゴドーを待ちながら』『名人伝』や、『トロイアの女』など、新しい演劇運動にも大きな足跡を残した。ジャン・ルイ・バローらとも演劇の国際交流を果たした。著書に『心より心に伝ふる花』ほか。[増田正造]
『『観世寿夫著作集』全4巻(1980~81・平凡社) ▽渡辺守章編『幽玄――観世寿夫の世界』(1980・リブロポート)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

観世寿夫の関連キーワード観世 銕之丞(8代目)観世栄夫(ひでお)死去観世銕之丞(8代)山本東次郎(4代)観世銕之丞(8世)観世銕之丞(9代)茂山忠三郎(4代)友枝 喜久夫片山 慶次郎山本孝(2)山本 則直粟谷 菊生松本 恵雄観世 寿夫横道萬里雄観世 榮夫観世 雅雪野村四郎野村万作昭和時代

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

観世寿夫の関連情報