コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新作能 しんさくのう

2件 の用語解説(新作能の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新作能
しんさくのう

新しく作られた能はすべて新作能であるが,一般には明治維新以降に創作された能をいう。しかし,多くは一時的なものであって,上演を重ね定着するにいたったものはまれである。昭和期に入ってからの代表的なものは,高浜虚子桜間弓川による『時宗』『奥の細道』土岐善麿,喜多実の『夢殿』『青衣の女人』『秀衡』『実朝』『使徒パウロ』『鑑真和上』,横道万里雄『鷹の泉』『鷹姫』などがあり,また能楽形式の実験的新演劇として,武智鉄二による『夕鶴』『東は東』『月に憑かれたピエロ』『綾の鼓』『智恵子抄』などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新作能
しんさくのう

能の創作は、観阿弥(かんあみ)、世阿弥(ぜあみ)、宮増(みやます)、観世元雅(もとまさ)、金春禅竹(こんぱるぜんちく)、観世信光(のぶみつ)、金春禅鳳(ぜんぽう)、観世長俊(ながとし)の5世代約200年でいちおう終わった。今日五流が現行曲として常時のレパートリーとしているのは、この古典の作品群である。豊臣(とよとみ)秀吉の命による太閤(たいこう)能(『明智討(あけちうち)』『吉野花見』など)や現代に伝わらぬキリシタン能(『ノアの箱舟』『キリストの生誕』など)を経た江戸時代における新作は、能としてはごくわずかである。普通、明治以降の創作を新作能という。
 口火を切った高浜虚子(きょし)に『時宗(ときむね)』『奥の細道』『義経(よしつね)』など。昭和の新作能を代表する土岐善麿(ときぜんまろ)に『夢殿(ゆめどの)』『青衣女人(しょうえのにょにん)』『親鸞(しんらん)』『実朝(さねとも)』『秀衡(ひでひら)』『復活』『鶴(つる)』『使徒パウロ』ほか。現代詩による『智恵子(ちえこ)抄』、詩劇形式の『鷹姫(たかひめ)』の試みも注目される。一方、大正天皇即位式の『大典(たいてん)』、第二次世界大戦中の『忠霊(ちゅうれい)』や、『復活のキリスト』など政治的な新作能もある。また、イェーツが能にヒントを得て書いた『鷹の井戸』が、英語のまま能として上演されたり、『ハムレット』も英語能となった。パイプオルガンを加えた『伽羅沙(がらしゃ)』なども試みられている。なお新作狂言には三宅(みやけ)藤九郎、飯沢匡(ただす)に作品が多く、また狂言能ともいうべき『楢山節考(ならやまぶしこう)』などの野心的な試みも行われた。[増田正造]
『土岐善麿著『新作能縁起』(1976・光風社書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新作能の関連キーワード舎利塔新楽府新曲新作新字新作物新作落語愛はすべての上に大切なことはすべて君が教えてくれた天の光はすべて星

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新作能の関連情報