コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観世栄夫 かんぜひでお

3件 の用語解説(観世栄夫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

観世栄夫
かんぜひでお

[生]1927.10.4. 東京,東京
[没]2007.6.8. 東京,墨田
観世流シテ方の能楽師。7世観世銕之丞(雅雪)の二男。父雅雪,祖父観世華雪,14世喜多六平太後藤得三などに師事。1931年『老松』の仕舞で初舞台。1934年『忠信』で初シテ。1949年に喜多流に転流し,後藤得三の芸事養子となり後藤と改姓。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

観世栄夫【かんぜひでお】

観世流シテ方能楽師・俳優・演出家。東京都出身。能楽師の7世観世銕之丞(てつのじょう)の二男。東京音楽学校(現,東京芸術大学)中退。一時能楽を離れ,テレビ・映画などで活躍したが,1978年に亡くなった兄の能楽師観世寿夫(ひさお)の遺言により,1979年に復帰。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

観世栄夫 かんぜ-ひでお

1927-2007 昭和-平成時代の能楽師シテ方。
昭和2年8月3日生まれ。7代観世銕之丞の次男。観世寿夫(ひさお)の弟。8代観世銕之丞の兄。観世流。昭和24年喜多流にうつり後藤得三の芸養子となる。のち能楽からはなれ,俳優となり映画,舞台,テレビなどで活躍。54年観世流に復帰,演出も現代劇,歌舞伎,オペラなど幅ひろく活動。平成17年「姨捨」の演能で毎日芸術賞。平成19年6月8日死去。79歳。東京出身。東京音楽学校(現東京芸大)中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の観世栄夫の言及

【観世寿夫】より

…没後《観世寿夫著作集》全4巻が編まれた。弟に観世栄夫(1927‐ ),8世観世銕之丞(1931‐ )がいる。観世流【羽田 昶】。…

※「観世栄夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

観世栄夫の関連キーワード関根祥六藤田大五郎北村治一噌仙幸金井章観世喜之(3代)曾和博朗野村四郎宝生英雄安福建雄

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

観世栄夫の関連情報