コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観光人類学 かんこうじんるいがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

観光人類学
かんこうじんるいがく

観光や観光地化が在来の文化にどのような影響を及ぼすのかについて研究を行う文化人類学の新しい分野。アメリカの人類学者 N.グレバーンなどによって提唱された。一般に観光用に演出された「観光文化」は伝統的な文化に比べ低く評価される傾向があるが,こうした新しい文化を積極的に研究の対象とする試みである。たとえばバリ島では,観光客用に行う踊りや劇がよりバリ島らしいものを目指した結果,伝統的な芸能が再活性化し,その維持にも役立っている。観光文化はさまざまな形で伝統的な文化とかかわり合うものであり,こうしたことは今後の健全な観光開発のためにも必要な視点であろう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android