コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観象授時 かんしょうじゅじguān xiàng shòu shí

世界大百科事典 第2版の解説

かんしょうじゅじ【観象授時 guān xiàng shòu shí】

暦法が未発達の段階において,天文を観察し季節の運行を定める方法をいう。中国の古典《書経》尭典に〈日月星辰を暦象し,敬(つつ)しんで民に時を授く〉とあり,《易経》賁(ひ)の卦(か)に〈天文を観(み)て,以て時の変わるを察す〉とあるように,暦法が完成していない段階では,太陽,月,星の出現の状態などの天文現象を観察し,農耕に必要な四時の変化の規則性を見て,広く人民に時を知らせることが支配層の任務であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

観象授時の関連キーワード中国科学

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android