コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角を入れる カドヲイレル

デジタル大辞泉の解説

角(かど)を入(い)・れる

怒気を表す。とげとげしくする。
「大臣が大の眼に―・れ」〈西鶴大矢数・三〉
角(すみ)を入れる」に同じ。
「この人は―・れたるよしもなく、生まれ付きの丸額」〈浮・男色大鑑・四〉

角(すみ)を入・れる

近世、元服2、3年前の少年前髪の額の生え際の両隅をそり込むこと。(すみ)を抜く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かどをいれる【角を入れる】

とげとげしくする。 「言葉に-・れ/浮世草子・男色大鑑 8
すみを入れる」に同じ。 「十五歳にして…角をも入れて/浮世草子・一代男 2

すみをいれる【角を入れる】

元服二、三年前の男子が前髪の額ぎわ両隅を剃り込むこと。角かどを入れる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

角を入れるの関連キーワード浮世草子隅・角近世男子

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android