角を入れる(読み)カドヲイレル

デジタル大辞泉の解説

角(かど)を入(い)・れる

怒気を表す。とげとげしくする。
「大臣が大の眼に―・れ」〈西鶴大矢数・三〉
角(すみ)を入れる」に同じ。
「この人は―・れたるよしもなく、生まれ付きの丸額」〈浮・男色大鑑・四〉

角(すみ)を入・れる

近世、元服2、3年前の少年前髪の額の生え際の両隅をそり込むこと。(すみ)を抜く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かどをいれる【角を入れる】

とげとげしくする。 「言葉に-・れ/浮世草子・男色大鑑 8
すみを入れる」に同じ。 「十五歳にして…角をも入れて/浮世草子・一代男 2

すみをいれる【角を入れる】

元服二、三年前の男子が前髪の額ぎわ両隅を剃り込むこと。角かどを入れる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かく【角】 を 入(い)れる

すみ【角】 を=入(い)れる[=切(き)る・=抜(ぬ)く]

男子が一四歳になり、前髪の額ぎわを、生えぎわ通りに剃り、角(かく)形にする。江戸時代の風習で、この髪形を角前髪(すみまえがみ)という。半元服(はんげんぷく)。かどをいる。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第三二「めでたい事は前廉の春 薄霞角入てからおろしたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

角を入れるの関連情報