コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉸具 カコ

デジタル大辞泉の解説

か‐こ【鉸具】

革帯などの留め金革緒の端を通す鉸具頭(かこがしら)という(かん)と、革緒の穴に通す刺鉄(さすが)とからなる。帯・甲冑(かっちゅう)などに用いる。尾錠(びじょう)。かく。
馬具の部分の名。鐙(あぶみ)の頭頂部の金具で、これを力革(ちからがわ)に留め、鞍ととをつなげる。かく。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かこ【鉸具】

帯の留金具の一つ。尾錠(びじよう)ともいう。金具の一端に鉤をつくり,それに帯の端をかける帯鉤(たいこう)のような留め方のものと,帯を金具の裏から抜き出し,帯の中央の穴に金具の棒をさしこんで留めるものとがある。鉸具の名称はこの留金具の総称として使われることもあるが,一般には後者を指す。金属棒を馬蹄形あるいは長方形にまげて,下端に回転自在の横棒をさし,その中央に刺金(さすが)を回転するようにつけたものが通常の形である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かく【鉸具】

かこ(鉸具) 」に同じ。
[句項目]

かこ【鉸具】

革帯などに用いたバックル。鉸具頭かこがしらと称する輪金と刺鉄さすがと称する小舌片よりなり、鉸具頭に通した帯の穴に刺鉄を刺して留める。馬具の鐙あぶみをつるのにも用いた。かく。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の鉸具の言及

【帯金具】より

…【山本 忠尚】
[中国,日本]
 戦国時代から漢代にかけての中国では,匈奴,鮮卑などが盛んに用い,騎馬・褶袴とともに漢人の風俗にとりいれられた。匈奴の鉸具(かこ)はスキタイの形式をとり,一般に左右相似形の透し彫のある長方形を呈し,一方の鉸具につけた鉤を一方の鉸具にあけた孔にとおして固定する帯鉤である。漢王朝は周辺の胡族の王および有力豪族に,馬蹄形の金銀打出し文様のある帯の一端のみに鉸具がつく腰帯を服属の証として賜与した。…

※「鉸具」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鉸具の関連キーワードサットン・フー武蔵鐙靴の沓鉸具頭水緒金馬具留具力革刺鉄鐙摺石帯短甲

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android