コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角兄麻呂 つぬの えまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

角兄麻呂 つぬの-えまろ

?-? 飛鳥(あすか)-奈良時代の官吏。
僧侶で恵耀と称し,大宝(たいほう)元年(701)還俗(げんぞく)。神亀(じんき)元年羽林連(はねばやしのむらじ)の氏姓をあたえられ丹後守(かみ)に任じられるが,同年流罪となる。「万葉集」巻3に4首の歌がのる角麻呂と同一人か。觮(ろくの)兄麻呂とも。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

角兄麻呂の関連キーワード奈良時代あすか飛鳥官吏

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android