コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角叉 ツノマタ

デジタル大辞泉の解説

つの‐また【角×叉】

スギノリ科の紅藻。波の荒い海岸に群生する。長さ約15センチ、平たく葉状で、二またに分かれ、色は暗緑・淡紅・紫色など。漆喰(しっくい)の糊(のり)料に利用。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つのまた【角叉】

紅藻類スギノリ目の海藻。暖海の岩上に生育。形は扁平な葉状で叉状に分岐し、上部はへら状・鶏冠状など、体色も緑紅色・紫紅色など変化に富む。煮出して得られるのり状物質を土壁用糊料とする。 [季] 春。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

角叉 (ツノマタ)

学名:Chondrus ocellatus
植物。スギノリ科の糊料海藻

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

角叉の関連キーワード叉状漆喰炭団暖海生育体色

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android