コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角膜移植術 かくまくいしょくじゅつkeratoplasty; corneal grafting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

角膜移植術
かくまくいしょくじゅつ
keratoplasty; corneal grafting

角膜混濁が強く,他の部が正常である場合,すなわち,視力障害の原因が視神経や網膜などの異常ではなく,角膜混濁のみによる場合に,死亡直後の人の新鮮な角膜を移植して,視力を回復させる手術のこと。角膜全層が混濁しているときは全層移植,表面だけのときは表層移植を行う。角膜移植は 1924年,ソ連の N.F.フィラトフによって創始された。角膜は無血管組織であり,拒絶反応が少いので,成功率が高く,各国で実施されている。日本でも 58年に「角膜移植法」が制定され,遺言による角膜寄贈,いわゆるアイバンクの制度が行われている。登録第1号は 57年死亡の下村海南氏。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

角膜移植術の関連キーワードヒアルロン酸ナトリウム角膜腎臓移植法ヒアルロン酸水疱性角膜症眼球銀行

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android