コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角蜻蛉 ツノトンボ

デジタル大辞泉の解説

つの‐とんぼ【角蜻蛉】

脈翅(みゃくし)目ツノトンボ科の昆虫。夏、草原を飛び、体長3センチくらいでトンボに似るが、触角は長くて先端が膨れ、翅(はね)を屋根状にたたんで休む。体は黄褐色で、背に縦の黄色の帯がある。幼虫はアリジゴクに似るが、石下などにすむ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つのとんぼ【角蜻蛉】

アミメカゲロウ目ツノトンボ科の昆虫。開張約7センチメートル。トンボに似るが、静止時にはねをたたむ。体は黒く背が黄褐色で、はねは透明。触角は長く先端が膨らむ。日本では本州以南に分布し、夏の山野にみられる。キバネツノトンボなど近縁種を含めることもある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

角蜻蛉 (ツノトンボ)

学名:Hybris subjacens
動物。ツノトンボ科の昆虫

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

角蜻蛉の関連キーワードキバネツノトンボ近縁種

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android