コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角閃岩相 かくせんがんそう amphibolite facies

1件 の用語解説(角閃岩相の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

角閃岩相

中程度の高圧と温度条件下で形成された変成岩の相.角閃石と斜長石(オリゴクレースまたはさらにCaに富むもの)の組合せが特徴である.上限は角閃石の代わりに透輝石およびハイパーシンの出現で,下限は斜長石が曹長石─緑簾石(黝簾石)の組合せへの分解である[Eskola : 1920, 1922, 1939].角閃岩相では緑簾石が消滅して角閃石と灰長石成分に富む斜長石(An20~80%)の組合せとなる.緑簾石角閃岩相と角閃岩相との境については,エスコラは緑簾石が消滅したところと考え,ランベルグはAn30%を超す斜長石の出現か,透輝石の出現と考えた[Ramberg : 1952].一般に輝石はこの程度の変成作用では出現しないが,透輝石は角閃岩相でも出現する.緑色片岩相でCa-角閃石であるアクチノ閃石が出現することと類似している.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

角閃岩相の関連キーワード接触変成岩メソティル最高変成度エピ変成作用超高圧変成作用等化学系列等物理系列アイソグレード岩変成岩複合岩体

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone