コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角閃岩相 かくせんがんそうamphibolite facies

岩石学辞典の解説

角閃岩相

中程度の高圧と温度条件下で形成された変成岩の相.角閃石斜長石オリゴクレースまたはさらにCaに富むもの)の組合せが特徴である.上限は角閃石の代わりに透輝石およびハイパーシンの出現で,下限は斜長石が曹長石─緑簾石(黝簾石)の組合せへの分解である[Eskola : 1920, 1922, 1939].角閃岩相では緑簾石が消滅して角閃石と灰長石成分に富む斜長石(An20~80%)の組合せとなる.緑簾石角閃岩相と角閃岩相との境については,エスコラは緑簾石が消滅したところと考え,ランベルグはAn30%を超す斜長石の出現か,透輝石の出現と考えた[Ramberg : 1952].一般に輝石はこの程度の変成作用では出現しないが,透輝石は角閃岩相でも出現する.緑色片岩相でCa-角閃石であるアクチノ閃石が出現することと類似している.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

角閃岩相の関連キーワード曹長石緑簾石ホルンフェルス相空晶石珪線石型変成相系列角閃石ホルンフェルス相アルマンダイン角閃岩相輝石ホルンフェルス相グラニュライト相ペリステライト角閃石斑糲岩相普通角閃石中性長石

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android