コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解州塩 かいしゅうえんJie-zhou-yan; Chieh-chou-yen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

解州塩
かいしゅうえん
Jie-zhou-yan; Chieh-chou-yen

中国の山西省南西部,解,安邑両県にまたがる塩池でとれる塩。五代以降,塩池は解池,塩は解州塩,解塩と呼ばれるようになった。これは解県に解州がおかれて,解,安邑両県を管轄するようになったためである。粒状なので顆塩 (かえん) ともいわれた。製塩は,畦 (けい) と呼ばれる塩田に濃厚な塩分を含む池水を導入し,天日下に水分を蒸発させる方法による。この地方で塩南風といわれた風が吹いて蒸発を助けたという。海水からとる海塩に次いで多くの産額を示した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone