コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解雇特区 かいことっく

1件 の用語解説(解雇特区の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

解雇特区

従業員を解雇する基準を緩和する特別区の仮称。「解雇しやすい特区」とも呼ばれる。安倍政権が2013年秋の臨時国会に関連法案を提出する予定で、東京、大阪、愛知の三大都市圏などが指定されるとみられている。この特別区内で「創設5年以内の企業の事業所」「外国人労働者の比率が30%以上の事業所」を対象とし、従業員を解雇しやすくしたり労働時間の規制をなくしたりすることで企業の負担を軽くし、ベンチャー・外資の進出を促すといった経済効果を狙っている。

(2013-10-2)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

解雇特区の関連キーワード再雇用予告手当解雇予告特別区民税期間従業員従業員持株人員削減緩和剤解雇制限解雇予告義務

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

解雇特区の関連情報