コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

触媒式浄化装置 しょくばいしきじょうかそうちcatalystic purifying facility

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

触媒式浄化装置
しょくばいしきじょうかそうち
catalystic purifying facility

触媒を利用する大気汚染防止装置。これにより,自動車排出ガスのうち一酸化炭素,炭化水素,また印刷工場などの悪臭物質を 200~700℃で低温酸化させ,あるいは自動車やボイラから発生する窒素酸化物を窒素と酸素に還元させる。装置も比較的小さく簡単で,後処理がほとんど不要な点きわめて便利である。触媒としては白金バナジウムなどが使用されるが,白金の触媒に鉛や硫黄などが付着すると能力が著しく減衰するので,夾雑物の多いガスでは利用できない欠点もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android