コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言ひ立つ(読み)イイタツ

デジタル大辞泉の解説

いい‐た・つ〔いひ‐〕【言ひ立つ】

[動タ四]
ものを言いながら立っている。
「物をいと久しう―・ち給へれば」〈・四九〉
言い始める。
「同じくは、さらば帝の御上よりこそ―・ちなめ」〈無名草子
うわさが立つ。
「いかにして死ぬるやらんと、心も得ざりけるほどに、この岩のある故ぞ、と―・ちにけり」〈宇治拾遺・二〉
[動タ下二]いいたてる」の文語形

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いいたつ【言ひ立つ】

( 動四 )
ものを言いながら立っている。 「物をいと久しう-・ち給へれば/枕草子 49
言い始める。 「かく-・ちてとどまりたらむ、いとをこならむ/落窪 3
うわさが立つ。 「この岩のある故ぞ、と-・ちにけり/宇治拾遺 2
( 動下二 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android