コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御上 オウエ

デジタル大辞泉の解説

お‐うえ〔‐うへ〕【御上】

主人の妻や目上の人の妻を敬っていう語。
「いかなれば―にはかくあぢきなき御顔のみにて候ふぞやと」〈仮・是楽物語下〉

㋐土間・庭に対して、畳の敷いてある部屋。座敷。
「毎年お庭で舞ひまして、お前は―に結構な蒲団敷いて」〈浄・大経師
㋑主婦の居間。茶の間。おいえ。
「―には亭主夫婦、あがり口に料理人」〈浄・曽根崎

お‐かみ【御上】

天皇の敬称。
朝廷・幕府や政府など、時の政治を執り行う機関。また、為政者。
(「女将」とも書く)旅館・料理屋・居酒屋などの女主人。じょしょう。「大(おお)お上」「若お上
[補説]大きな所では経営者の一族の女性がなり、主に接客関係をまとめる職名にもなっている。
(「御内儀」「内儀」とも書く)他人の妻をいう。おかみさん。→おないぎ
[補説]かつては商人・職人の妻に用いた。
主君主人の敬称。
「―にも御機嫌」〈浄・丹波与作

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おうえ【御上】

御上様おうえさま 」に同じ。 「これもはだに-より給はつたる小袖/幸若・夜討曽我」
主婦の居間。また、茶の間。 「走り出でんと思へども-には亭主夫婦/浄瑠璃・曽根崎心中」
(土間に対して)畳の部屋。座敷。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

御上の関連キーワード滋賀県野洲市三上三上のずいき祭ホームステッド免疫グロブリン滋賀県野洲市門(出入口)曽根崎心中野洲(市)鎌倉(市)生い先遠し豪族屋敷村夜討曽我御上神社狩野光信接見交通持て成す航空母艦玉川上水出口なお御上晋司

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御上の関連情報