御上(読み)オウエ

デジタル大辞泉の解説

お‐うえ〔‐うへ〕【御上】

主人の妻や目上の人の妻を敬っていう語。
「いかなれば―にはかくあぢきなき御顔のみにて候ふぞやと」〈仮・是楽物語下〉

㋐土間・庭に対して、畳の敷いてある部屋。座敷。
「毎年お庭で舞ひまして、お前は―に結構な蒲団敷いて」〈浄・大経師
㋑主婦の居間。茶の間。おいえ。
「―には亭主夫婦、あがり口に料理人」〈浄・曽根崎

お‐かみ【御上】

天皇の敬称。
朝廷・幕府や政府など、時の政治を執り行う機関。また、為政者。
(「女将」とも書く)旅館・料理屋・居酒屋などの女主人。じょしょう。「大(おお)お上」「若お上
[補説]大きな所では経営者の一族の女性がなり、主に接客関係をまとめる職名にもなっている。
(「御内儀」「内儀」とも書く)他人の妻をいう。おかみさん。→おないぎ
[補説]かつては商人・職人の妻に用いた。
主君主人の敬称。
「―にも御機嫌」〈浄・丹波与作

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おうえ【御上】

御上様おうえさま」に同じ。 「これもはだに-より給はつたる小袖/幸若・夜討曽我」
主婦の居間。また、茶の間。 「走り出でんと思へども-には亭主夫婦/浄瑠璃・曽根崎心中」
(土間に対して)畳の部屋。座敷。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御上の関連情報