言(い)前(読み)イイマエ

デジタル大辞泉の解説

いい‐まえ〔いひまへ〕【言(い)前】

言い方。話しぶり。口まえ。
「欽哉にしては実着(じっちゃく)過ぎた―なのに」〈風葉青春
言い訳。口実。
「民子は母の病気を―にして行かない」〈左千夫野菊の墓

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いい‐まえ いひまへ【言前】

〘名〙
① 言い方。話しぶり。口前(くちまえ)
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉春「欽哉にしては実着過ぎた言前(イヒマヘ)なのに」
② 口実。言いぐさ。言い分。言いわけ。〔慶応再版英和対訳辞書(1867)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android