コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野菊の墓 ノギクノハカ

デジタル大辞泉の解説

のぎくのはか【野菊の墓】

伊藤左千夫の処女小説。明治39年(1906)発表。江戸川のほとりを舞台に、旧家の息子政夫と、二つ年上のいとこ民子の淡い恋を描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

野菊の墓

1981年公開の日本映画。監督:澤井信一郎、原作:伊藤左千夫による同名小説、脚本:宮内婦貴子。出演:松田聖子、桑原正、村井国夫、赤座美代子、樹木希林、湯原昌幸、小甲登枝恵ほか。

野菊の墓

NHKのテレビドラマ「少年ドラマシリーズ」の作品のひとつ。放映は1975年9月。原作:伊藤左千夫の同名小説。脚本:井出俊郎。出演:長谷川諭、小山明子ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

のぎくのはか【野菊の墓】

小説。伊藤左千夫作。1906年(明治39)「ホトトギス」に発表。千葉県松戸の田園を背景に、政夫と民子の悲恋を感傷的な筆致で描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野菊の墓
のぎくのはか

伊藤左千夫(さちお)の中編小説。1906年(明治39)1月『ホトトギス』に発表、同年4月俳書(はいしょ)堂から刊行。作者の処女小説。主人公政夫(まさお)がまだ少年のころ、家にきていた従姉(いとこ)の民子との幼い恋を回想したものである。周囲の無理解から清純な恋が妨げられ、民子は嫁いで亡くなり、政夫は少女の愛していた野菊をその墓の周囲に植える。素朴な田園を背景にした牧歌的な純愛物語。技法的には欠点もあるが、薄幸な恋に寄せる作者の同情がそれを覆って、真率胸を打つ一編となっている。当時夏目漱石(そうせき)は左千夫あての手紙で、「自然で、淡白で、可哀想(かわいそう)で、美しくて、野趣があって」こんな小説なら「何百篇よんでもよろしい」と評した。木下恵介監督の『野菊の如(ごと)き君なりき』(1955)など、たびたび映画化されている。[本林勝夫]

映画

日本映画。1955年(昭和30)に、松竹で伊藤左千夫原作の『野菊の墓』を、木下恵介脚本・監督で『野菊の如き君なりき』として白黒でつくられ、キネマ旬報ベスト・テン第3位となる。老人(笠智衆(りゅうちしゅう))が60年前を回想する。旧家の次男、15歳の政夫(田中普二(たなかしんじ)、1940― )と従姉の17歳の民子(有田紀子(ありたのりこ)、1940― )は互いに仲が良いので噂がたち、祖母(杉村春子(すぎむらはるこ))に実家へ戻され結婚させられる。だが子どもは流産し、民子は実家で亡くなってしまう。回想場面を白い枠で囲み、若い男女を抒情的に描写しつつ、封建的な田舎の実態をも残酷に露呈させている。1966年、大映で木下恵介の脚本・同タイトル、カラーで富本壮吉(とみもとそうきち)(1927―1989)監督が、安田道代(みちよ)(現、大楠(おおくす)道代、1946― )主演で再映画化。端正な風景描写が印象深い。1981年、3度目に東映で澤井信一郎(さわいしんいちろう)(1938― )初監督、松田聖子(まつだせいこ)(1962― )主演で『野菊の墓』を撮る。匂いたつような自然のなか、民子と政夫(桑原正(くわはらまさし))の二人が、夕陽に向かって祈りを捧げる場面の感動が全編を貫く傑作である。[坂尻昌平]
『『野菊の墓』(岩波文庫・角川文庫・講談社文庫・新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

野菊の墓の関連キーワード野菊の如き君なりき間がな隙がな伊藤 左千夫千葉県松戸市沢井信一郎目に染みるホトトギス手を掛ける蒔村三枝子王子菜摘子勝部祐子鈴木彩子訳が無いすくすく米谷美穂浅川仁志泉福之助大西健次とばかりしとしと

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野菊の墓の関連情報