コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

討(ち)死に ウチジニ

デジタル大辞泉の解説

うち‐じに【討(ち)死に】

[名](スル)
戦場で敵に討たれて死ぬこと。戦死。「関ヶ原の戦いで討ち死にする」
(「…と討ち死にする」の形で)ある物事に生命を懸けるほど打ち込むこと。「仕事と討ち死にする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

討(ち)死にの関連キーワードパルテノパイオスひらかな盛衰記アドラストスエピゴノイレオニダス道行初音旅毛利新介池田恒興少弐頼尚雲谷等顔細川頼之斎藤実盛幻夢物語佐藤継信加賀国豊島氏関ヶ原真田氏仁科氏川開き

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android