記述ユニット方式(読み)きじゅつゆにっとほうしき(英語表記)descriptive unit system

図書館情報学用語辞典 第5版の解説

“書誌記述を標目とは切り離して完結させ,基本的な記述ユニットとする.この記述ユニットに必要なだけの等の標目を与え,指示されたそれぞれの標目のもとに各種の目録を編成する方式をいう”(『日本目録規則1987年版改訂3版』用語解説).カード目録では,この記述ユニットをなすカードを必要部数複製し,各々に標目を付加して各種の記入を作成することになり,「記述ユニットカード方式」と呼ばれた(『日本目録規則新版予備版』).「記述独立方式」がその源流であるが,非基本記入の方式という点で,『英米目録規則第2版』における「等価標目方式」と同趣旨である.目録作業を省略化する反面記述対象に収録されている著作の第一義的な責任の所在は示されない.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android