記銘(読み)キメイ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 新しい経験を受け入れ、それを覚え込むこと。特に、言語的材料を反復によって正しく記憶すること。
※真理一斑(1884)〈植村正久〉七「頭脳のうちに存在すと仮定せらるる記銘痕跡は」
② 銘として記すこと。特定の商品などに、ある名称や語句を付けること。また、その名や語句。
※ルクレチウスと科学(1929)〈寺田寅彦〉一「何処かの科学研究所の喫煙室の壁にでも記銘しておいてふさはしいものである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の記銘の言及

【記憶】より

…一般に,過去の体験やできごとを記銘し,保持し,再生する働き,あるいは再生されたものをいう。しかし,これが広狭両様にいわれるところから,記憶をめぐる解釈上の問題が起こっている。…

※「記銘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

記銘の関連情報