ルクレチウス(英語表記)Lucretius Carus, Titus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルクレチウス
Lucretius Carus, Titus

[生]前94頃
[没]前51/前50
ローマの詩人,エピクロス派の哲学者。生涯についてはほとんど不詳。唯一の著作『物の本性について』 De rerum naturaは,内容的にはエピクロス派や原子論の哲学,形式的にはエンペドクレスエンニウスにきわめて多くを負うたヘクサメトロスによる教訓詩で,ウェルギリウスの偉大な先駆であり,その後のローマの思想界に与えた影響は大きい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android