コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

記録モード(読み)きろくもーど

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

記録モード

デジカメで撮影した画像の解像度が高いほど、ファイルサイズは大きくなる。100万画素以上のデジタルカメラでは、最も高画質のモードで撮影すると、4MBの容量を持った記録メディアでは数枚しか保存できない。しかし必ずしも高解像度の画像が必要なわけではない。ウェブページにアップロードするのに大きな画像は読み込みに時間がかかるため、適していない。モニタで表示させるためだけなら、それほど高い解像度は必要ない。そんなときには記録モードを下げて撮影すれば保存できる枚数も増え、ファイルも扱いやすくなる。記録モードはだいたいの機種で、ファイン、ノーマル、エコノミーがあり、さらに記録解像度を落として撮影できる機種もある。しかし記録した画像をキレイに印刷したいのであれば、どうしても高画素数、高解像度のモードで記録する必要がある。画像の用途によって、記録モードを変えるのがデジカメの賢い使い方。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android