コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

記録保存義務

1件 の用語解説(記録保存義務の意味・用語解説を検索)

人材マネジメント用語集の解説

記録保存義務

・使用者は、労働者名簿賃金台帳及び雇入、解雇、災害補償、賃金その他の労働関
係に関する重要な書類を3年間保存しなければならない。(労働基準法第109条)
・記録保存期間を計算するに当っての起算日は以下の通りとなる。
(1)労働者名簿・・・労働者の死亡、退職又は解雇の日
(2)賃金台帳・・・最後に記入をした日
(3)雇入れ又は退職に関する書類・・・労働者の死亡又は退職の日
(4)災害補償に関する書類・・・災害補償の終わった日
(5)賃金その他労働関係に関する重要な書類(出勤簿、36協定等)・・・その完
結の日
・これに違反した場合は、30万円以下の罰金となる。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

記録保存義務の関連キーワード休業手当休業補償賃金カット使用証明賃金労働者所定労働日賃金交渉ノーワーク・ノーペイの原則雇入通知書労働契約書

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

記録保存義務の関連情報