コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

設楽氏 したらうじ

1件 の用語解説(設楽氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

したらうじ【設楽氏】

三河国の武士。近世の所伝では菅原氏末裔とするが,在庁官人三河伴氏一族とみられる。設楽郡中設楽郷(現,東栄町)を名字の地とする説もあるが不明。源義家に従って後三年の役に出陣した資兼が系図以外での初見。保元の乱の義朝方に設楽兵藤武者がある。鎌倉時代には一族富永氏とともに三河守護足利氏の被官で,足利氏所領奉行番文に太郎兵衛入道がみえる。室町前期には将軍近習の一員として諸記録に散見し,伯耆,周防などで所領給付をうけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

設楽氏の関連キーワード西面の武士天竜奥三河国定公園菅家所伝聖廟末裔三河衆大久保(彦左衛門)忠教夏目吉信了源

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

設楽氏の関連情報