コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

診断的腹腔洗浄 しんだんてきふくくうせんじょう

家庭医学館の解説

しんだんてきふくくうせんじょう【診断的腹腔洗浄】

 腹部にけがをしたときに、診断的腹腔洗浄という検査を行なうと、内臓に損傷がおよんでいるかどうかがわかります。
 まず、腹部を小さく切開し、そこからカテーテルという管を腹腔(ふくくう)まで挿入(そうにゅう)します。
 この時点で、血液や濁った腹水(ふくすい)が流失してくれば、腹腔内臓器が損傷を受けていることが確実です。
 このような状態がみられなかったら、カテーテルを介して温めた生理的食塩水を注入し、生理的食塩水が腹腔全体に行き渡るように体位変換をしてもらいます。
 そのあと、注入した生理的食塩水を回収し、その中に含まれる赤血球数(せっけっきゅうすう)、白血球数(はっけっきゅうすう)、アミラーゼの量を測定します。
 これらの値が基準値よりも高ければ、腹腔内臓器に損傷や急性腹膜炎(きゅうせいふくまくえん)が存在する証拠です。

出典 小学館家庭医学館について 情報

診断的腹腔洗浄の関連キーワード小腸損傷

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android