コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

診断的腹腔洗浄 しんだんてきふくくうせんじょう

1件 の用語解説(診断的腹腔洗浄の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

しんだんてきふくくうせんじょう【診断的腹腔洗浄】

 腹部にけがをしたときに、診断的腹腔洗浄という検査を行なうと、内臓に損傷がおよんでいるかどうかがわかります。
 まず、腹部を小さく切開し、そこからカテーテルという管を腹腔(ふくくう)まで挿入(そうにゅう)します。
 この時点で、血液や濁った腹水(ふくすい)が流失してくれば、腹腔内臓器が損傷を受けていることが確実です。
 このような状態がみられなかったら、カテーテルを介して温めた生理的食塩水を注入し、生理的食塩水が腹腔全体に行き渡るように体位変換をしてもらいます。
 そのあと、注入した生理的食塩水を回収し、その中に含まれる赤血球数(せっけっきゅうすう)、白血球数(はっけっきゅうすう)、アミラーゼの量を測定します。
 これらの値が基準値よりも高ければ、腹腔内臓器に損傷や急性腹膜炎(きゅうせいふくまくえん)が存在する証拠です。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone