コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

急性腹膜炎 きゅうせいふくまくえん Acute Peritonitis

1件 の用語解説(急性腹膜炎の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

きゅうせいふくまくえん【急性腹膜炎 Acute Peritonitis】

[どんな病気か]
 短時日のうちに発症してきた腹膜炎で、原因によって、つぎのように区別して呼ばれることがあります。
■続発性腹膜炎(ぞくはつせいふくまくえん)
 胃、腸、胆嚢(たんのう)、膵臓(すいぞう)などの腹腔内臓器(ふくくうないぞうき)に病巣(びょうそう)が存在するために誘発されてきたものをいいます。
 たとえば、膵炎(すいえん)、胆嚢炎(たんのうえん)、虫垂炎(ちゅうすいえん)などがあると、その炎症が腹膜にも波及し、腹膜炎を誘発することがあります。
 腸閉塞ちょうへいそく)や腸間膜動脈閉塞(ちょうかんまくどうみゃくへいそく)がきっかけになることもあります。
 女性は、卵巣炎(らんそうえん)や子宮内膜炎(しきゅうないまくえん)、流産などが原因になることがあります。
 また、腹腔内臓器に孔(あな)があき、内容物が漏(も)れ出し、腹膜を刺激して炎症をおこすことがあります。たとえば、潰瘍(かいよう)やがんのために腹腔内臓器に孔があき(穿孔(せんこう))、内容物が腹腔内にもれ出てくることがあります。このようにしておこった腹膜炎を穿孔性腹膜炎(せんこうせいふくまくえん)といい、胃潰瘍(いかいよう)、十二指腸潰瘍(じゅうにしちょうかいよう)、大腸(だいちょう)がんでおこりやすいものです。
 けがで腹腔内臓器が破れたり、手術をした部分がよくくっつかなかったりして、内容物が腹腔内にもれることもあります。
 女性は、人工妊娠中絶がきっかけで、穿孔性腹膜炎がおこることがあります。
 胆嚢が破れ、胆汁(たんじゅう)がもれ出て腹膜炎がおこることもあります。これをとくに胆汁性腹膜炎(たんじゅうせいふくまくえん)といい、胆石(たんせき)のある人におこることが多いものです。
 胃、腸が破れた場合、そこにすみついている細菌などが腹膜に感染し、炎症をおこすことがあって、化膿性腹膜炎(かのうせいふくまくえん)といいます。
■原発性腹膜炎(げんぱつせいふくまくえん)
 病巣が、腹腔内臓器以外の部位にあっておこった腹膜炎をいいます。
 代表的なのは、腹腔以外の部位の病巣にいる細菌が、血流にのって腹膜へ流れてきて、感染しておこる特発性細菌性腹膜炎(とくはつせいさいきんせいふくまくえん)です。
 ネフローゼ症候群(しょうこうぐん)を患(わずら)っている子どもや、腹水(ふくすい)のたまっている肝硬変(かんこうへん)を患っている人におこることがあるのですが、頻度はまれです。
[症状]
 限局性腹膜炎であれば、部分的な腹痛と、圧痛(あっつう)(手で押すと強くなる痛み)がおもです。
 汎発性腹膜炎の場合は、腹部全体が痛み、発熱、頻脈(ひんみゃく)がおこり、苦しそうに顔をゆがませます。
 頬骨(ほおぼね)が突き出し、目が落ちくぼんでくまができ、鼻がとがった特有の顔つきになることがあります。これを腹膜炎顔貌(ふくまくえんがんぼう)といいます。
 さらに進行すると、嘔吐(おうと)、排便・排ガスの停止、腹部全体のふくれなどの腸閉塞(ちょうへいそく)の症状がおこり、意識がもうろうとなり、騒いだり、暴れたりする不穏(ふおん)状態やショック状態におちいります。虫垂炎、胆嚢炎、腸閉塞からおこった場合は、それぞれの病気の症状が先にあって、しだいに汎発性腹膜炎の症状が現われてきます。
 胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの穿孔でおこった場合は、突然の腹痛とともにすぐに汎発性腹膜炎の症状が現われてきます。
[検査と診断]
 腹部を触診すると、筋性防御(きんせいぼうぎょ)やブルンベルグ徴候(ちょうこう)などの腹膜刺激症状コラム腹膜刺激症状」)がみられるので、腹膜炎という診断は容易につきます。
 しかし、原因となった病気の診断や全身状態の把握のため、腹部X線検査、胃腸の造影検査、胃腸の内視鏡検査、CT、MRI、超音波検査血液検査などが必要になります。
[治療]
 入院のうえ、全身状態を改善する治療と、原因を除去する治療が必要になります。
 入院期間は、原因や年齢によって異なりますが、3~4週間以上になることが少なくありません。
●全身状態を改善する治療
 絶対安静を保つとともに、点滴(てんてき)で栄養などを補います。
 また、炎症の原因となっている細菌を撲滅(ぼくめつ)するため、強力な抗菌薬を使用します。
 胃などの上部消化管の病気が原因の場合は、ブドウ球菌(きゅうきん)、レンサ球菌、腸球菌、真菌(しんきん)などが、大腸などの下部消化管の病気が原因の場合は、グラム陰性桿菌(かんきん)(大腸菌など)、嫌気性菌(けんきせいきん)、β(ベータ)ラクタマーゼ産生菌などが多いので、それに有効な抗菌薬を使用します。
 特発性細菌性腹膜炎の場合は、おとなは大腸菌やグラム陽性球菌、子どもは溶血性(ようけつせい)レンサ球菌や肺炎球菌が原因菌のことが多いので、これに有効な抗菌薬を使用します。
 一方で、原因菌の種類を調べる検査を実施し、わかったらその菌に有効な抗菌薬に切り換えます。
 軽症の限局性腹膜炎の場合は、この全身を改善する治療で治癒(ちゆ)することもありますが、多くは、原因を除去する治療が必要になります。
●原因を除去する治療
 胃腸が破れたり、穿孔をおこしている場合は、縫合(ほうごう)する手術が必要になります。胃や腸の一部を切除しなければならないこともあります。
 そのうえで、腹腔内にたまっている液や膿(うみ)を排除・洗浄し、そのあと膿を体外へ排出するための管であるドレーンを腹腔内に留置しておきます。
 合併症 横隔膜(おうかくまく)の下に膿がたまる横隔膜下膿瘍(おうかくまくかのうよう)(「横隔膜下膿瘍」)、ダグラス窩(か)に膿のたまるダグラス窩膿瘍(かのうよう)(「ダグラス窩膿瘍」)がおこり、その治療が必要になることもあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

急性腹膜炎の関連キーワード合併症御悩時日其の内短時日何心地発症日の中不死身成功裏のうちに

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

急性腹膜炎の関連情報