コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

診断群分類別包括評価 しんだんぐんぶんるいべつほうかつひょうかdiagnosis procedure combination

知恵蔵の解説

診断群分類別包括評価

病気のグループごとに入院1日当たりの診療報酬を、病院ごとに決める定額払いの仕組み。2003年4月から大学病院や国立がんセンターなど82病院に導入された。医療の標準化を促進し、他の病院との比較も可能になり、平均在院日数を短くする誘因となる。04年の診療報酬改定では、この方式の継続をめぐって診療側と支払い側が対立し、最終的には、62の民間病院の参加も求め、2年間試行を続けることになった。06年の改定ではさらに対象病院を拡大することになった。

(梶本章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android