証拠力(読み)ショウコリョク

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうこ‐りょく【証拠力】

〘名〙 民事訴訟で、証拠がもつ信憑(しんぴょう)性の度合。証明力。証拠価値。
※民事訴訟法(明治二三年)(1890)三四九条「謄本に如何なる証拠力を付す可きやを裁判す」
※逆徒(1913)〈平出修〉「予審及捜査に関する調書の証拠力に絶対の価値が附せられてある」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の証拠力の言及

【証拠】より

…(2)証拠能力のある証拠が裁判所の心証を動かす力を,証明力という。民事訴訟では,証拠力または証拠価値ともいう。証明力の評価の方法については,法律的な制約がなく,裁判所が経験則に従って合理的に心証を形成することとされている(自由心証主義。…

※「証拠力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

証拠力の関連情報