謄本(読み)とうほん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

謄本
とうほん

原本の内容の全体を原本そのままに完全に写した文書をいう。通常は、公務員が原本に基づいて職務上作成したものをさし、さらに、その内容が原本と相違ない旨を公証する文言が付記される場合が多い。これを認証ある謄本または単に認証謄本という。その例として、戸籍謄本(戸籍法10条・10条の2)、登記簿等の謄本(不動産登記法119条~121条)、訴訟記録の謄本(民事訴訟法91条)などがある。

[髙木敬一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

とう‐ほん【謄本】

〘名〙
① 原本の内容を完全に謄写した文書・書面。戸籍謄本・登記簿謄本・公正証書謄本・手形謄本・訴訟記録の謄本などがある。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉四「久しくこれを学びたれば、この謄本(〈注〉ウツシ)を読ましめたり」 〔山谷題跋‐自臨東坡和陶淵明詩文〕
② 特に、戸籍謄本をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

謄本
とうほん
copy; Abschrift; copie

文書の原本の内容を証明するために,原本の内容を同一の文字,符号で全部かつ完全に写した書面。戸籍謄本,登記簿謄本,公正証書謄本,手形謄本,訴訟記録の謄本などがその例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうほん【謄本】

文書の原本の内容を同一の文字符号により全部写したもので,原本の内容を証明するためにつくられる書面。内容の全部を写している点において,内容の一部を写しているにとどまる抄本と異なる。戸籍謄本(戸籍法10条),登記簿謄本(不動産登記法21条,21条の2,商業登記法11条),公正証書謄本(公証人法51条),訴訟記録の謄本(民事訴訟法91条)などがその例である。また手形の謄本(手形法67条。これを利用して裏書または手形保証ができる)などの例もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の謄本の言及

【抄本】より

…戸籍抄本(戸籍法10条),登記簿抄本(不動産登記法21条,21条の2,商業登記法11条),訴訟記録の抄本(民事訴訟法91条3項)などがその例である。謄本が原本の内容の全部を証明するために作成されるのに対し,抄本はその内容の一部を証明するために作成される点で両者は異なるが,その他の点については,抄本も謄本とほぼ同様である。【清水 湛】。…

※「謄本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android