コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

証道歌 しょうどうかZheng-dao-ge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

証道歌
しょうどうか
Zheng-dao-ge

中国,唐の僧,永嘉 (ようか) 大師といわれる玄覚 (665~713) の作った詩篇。 247句。禅の真の意義を興のおもむくままに 63節に詠じたもので,禅の修行者たちの間で重要視される。なお敦煌出土の文献中にこれと内容の等しい『禅門秘要訣』がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうどうか【証道歌】

中国、唐代の長詩。永嘉玄覚ようかげんかくの作といわれ、禅の主旨を表現する。曹洞宗で重視。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

証道歌の関連キーワード北野 元峰坐禅

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android