コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詐欺師フェーリックス・クルルの告白 さぎしフェーリックス・クルルのこくはくDie Bekenntnisse des Hochstaplers Felix Krull

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

詐欺師フェーリックス・クルルの告白
さぎしフェーリックス・クルルのこくはく
Die Bekenntnisse des Hochstaplers Felix Krull

ドイツの小説家トーマス・マンの小説。 1954年刊。破産した工場経営者の息子フェーリックスはパリのホテルのボーイになり,やがてにせ侯爵として世界旅行に出かけ,汽車で知合った博物館長のリスボンの家で,その妻と娘を誘惑する。芸術家を主人公とした小説の変奏で,作者の死により未完に終ったユーモラスな悪者小説

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android