コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詐欺師フェーリックス・クルルの告白 さぎしフェーリックス・クルルのこくはくDie Bekenntnisse des Hochstaplers Felix Krull

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

詐欺師フェーリックス・クルルの告白
さぎしフェーリックス・クルルのこくはく
Die Bekenntnisse des Hochstaplers Felix Krull

ドイツの小説家トーマス・マンの小説。 1954年刊。破産した工場経営者の息子フェーリックスはパリのホテルのボーイになり,やがてにせ侯爵として世界旅行に出かけ,汽車で知合った博物館長のリスボンの家で,その妻と娘を誘惑する。芸術家を主人公とした小説の変奏で,作者の死により未完に終ったユーモラスな悪者小説

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android