試錐柱状図(読み)しすいちゅうじょうず(英語表記)geologic columnar section of a drilling hole

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

試錐柱状図
しすいちゅうじょうず
geologic columnar section of a drilling hole

試錐により採取したコアを観察して縮図した地質断面図柱状に作図したもの。この図には岩石,鉱物の種類,片理面,断層,褶曲などを記入するが,それには記号または色により統一した方式を用いる。そのほか着鉱した深度,採取幅なども記入する。一般に,地質断面図,鉱床分布図,地下コンターマップ,ブロックダイヤグラムなどは,この柱状図をもとに作図する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android