コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地質断面図 ちしつだんめんずgeological profile

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地質断面図
ちしつだんめんず
geological profile

地質図をもとに地下の地質構造を垂直的に図示したもの。地質断面図を合せると,その地質の地質構造などが立体的に判読できるので,その地域の地史を読取ることが容易になる。地下資源採鉱探鉱ならびに土木工事などにも活用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地質断面図
ちしつだんめんず
geological cross sectiongeological profile

地下の地質構造を表現するためにくふうされた断面図。地質図に添えられ、地質図と同じ模様や色で表示されることが多い。普通、一般走向方向に直交する垂直断面が地形断面とともに示される。鉱山やダムの建設現場では、いろいろな高さの水平断面図も用いられる。褶曲(しゅうきょく)の研究では、褶曲軸に直交する断面図(褶曲軸が傾いている場合には垂直とは限らない)をつくり、形態を論ずることもある。地表のデータから地下の状態を推定するので、地層の厚さがどこでも一定であるとか、地層の走向・傾斜が地下でも変わらないとかの仮定を設けて作図する。ボーリングや地震探査などのデータがあれば、より正確になる。褶曲や断層の変形を元に戻したときに、地層が堆積(たいせき)した状態に復原できることを確認してあるものは、バランス断面図という。
 なお、地層の走向と断面線が斜交する場合には、地層の見かけの傾斜は真の傾斜よりも緩やかになる。また、一般に構造を見やすくするために、垂直方向を誇張することが多い。このときは逆に、見かけの傾斜が急になるから注意を要する。[岩松 暉・村田明広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の地質断面図の言及

【地質図】より

…色彩,模様,記号については国際的な慣習と申合せがあり,図面の余白に凡例として明記する。 地質図は地質調査により作成されるが,立体的な分布状態の判断を助けるために,地質図上の任意の線に沿った垂直断面を切り,その上に各単位の地下における分布状態を表示した地質断面図が,地質図に添付される。同時に,説明書,報告書,論文などによって,詳細な説明がなされることが多い。…

※「地質断面図」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

地質断面図の関連キーワードブロックダイアグラムバランス断面図地質柱状図試錐柱状図踏査図

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android