コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詫磨勝賀 たくま・しょうが

1件 の用語解説(詫磨勝賀の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

詫磨勝賀

生年:生没年不詳
平安末・鎌倉初期に活躍した詫磨派の画家。為遠の子。俗名は為基。元暦1(1184)年法橋に,元久1(1204)年までに法眼となる。公家や神護寺,東寺の依頼で絵を制作し,図像に関して天台宗の高僧慈円と対立したり,「八条先生」の尊称で呼ばれるなど,当時の絵師としては類まれな高い地位にあった有力画家らしい。現存作に「十二天屏風」(1191,東寺蔵)などがある。この作品は従来の様式・技法によりながらも,描線の肥痩と色感に新しさがみられる。中国・宋画からの新たな影響も想定される。

(救仁郷秀明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

詫磨勝賀の関連キーワード宅磨澄賀郢曲葛野流豪信随兵宅磨派梶捜朴宅磨為辰宅磨為久土佐一得

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone