詫磨勝賀(読み)たくま・しょうが

朝日日本歴史人物事典の解説

詫磨勝賀

生年:生没年不詳
平安末・鎌倉初期に活躍した詫磨派の画家。為遠の子。俗名は為基。元暦1(1184)年法橋に,元久1(1204)年までに法眼となる。公家や神護寺,東寺の依頼で絵を制作し,図像に関して天台宗の高僧慈円と対立したり,「八条先生」の尊称で呼ばれるなど,当時の絵師としては類まれな高い地位にあった有力画家らしい。現存作に「十二天屏風」(1191,東寺蔵)などがある。この作品は従来の様式技法によりながらも,描線の肥痩色感に新しさがみられる。中国・宋画からの新たな影響も想定される。

(救仁郷秀明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android