コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詫間樊六 たくま はんろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

詫間樊六 たくま-はんろく

1834-1866 幕末の武士。
天保(てんぽう)5年生まれ。因幡(いなば)鳥取藩士。江戸で初代斎藤弥九郎に神道無念流をまなび,帰藩後神風流を創始。文久3年京都本圀(ほんこく)寺に藩佐幕派の重臣黒部権之介らを襲撃して殺害しとらえられる。幽閉先から脱出し長州へむかうが,慶応2年8月3日仇討ちの追っ手に討たれた。33歳。名は敬敷。号は神風。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

詫間樊六の関連キーワード天保

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android