コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誠拙周樗 せいせつ しゅうちょ

美術人名辞典の解説

誠拙周樗

江戸後期臨済宗の僧。鎌倉円覚寺住持。伊予生。号は無用道人。伊予仏海寺の霊印不昧の下に出家。書画・詩偈を能くし茶事も行い、松平治郷侯・香川景樹・岸駒らと親交する。文政2年相国寺大智院に師家として赴任。文政3年(1820)寂、76才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

誠拙周樗 せいせつ-しゅうちょ

1745-1820 江戸時代中期-後期の僧。
延享2年6月29日生まれ。臨済(りんざい)宗。鎌倉円覚寺仏日庵の東山周朝の法をつぎ,天明3年円覚寺前堂首座となる。晩年京都相国寺にうつる。歌を香川景樹(かげき)にまなんだ。文政3年6月28日死去。76歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。号は無用道人。諡号(しごう)は大用(だいゆう)国師。著作に「忘路集」,歌集に「誠拙禅師歌集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

誠拙周樗 (せいせつしゅうちょ)

生年月日:1745年6月30日
江戸時代中期;後期の臨済宗の僧
1820年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

誠拙周樗の関連キーワード円覚寺(神奈川県)巨海慈航清蔭音竺木下幸文生年月日東海昌晙淡海昌敬

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android