誠拙周樗(読み)せいせつ しゅうちょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

誠拙周樗 せいせつ-しゅうちょ

1745-1820 江戸時代中期-後期の僧。
延享2年6月29日生まれ。臨済(りんざい)宗。鎌倉円覚寺仏日庵の東山周朝の法をつぎ,天明3年円覚寺前堂首座となる。晩年京都相国寺にうつる。歌を香川景樹(かげき)にまなんだ。文政3年6月28日死去。76歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。号は無用道人。諡号(しごう)は大用(だいゆう)国師。著作に「忘路集」,歌集に「誠拙禅師歌集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

誠拙周樗 (せいせつしゅうちょ)

生年月日:1745年6月30日
江戸時代中期;後期の臨済宗の僧
1820年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android