説経語(読み)せっきょうがたり

精選版 日本国語大辞典「説経語」の解説

せっきょう‐がたり セッキャウ‥【説経語】

〘名〙 説経浄瑠璃を語って門付けすること。また、その者。唱門師(しょうもんし)が多く、簓(ささら)、鉦(しょう)などを伴奏に演じた。説経説き説経師
歌舞伎・念彼観音力(1695)一「物もらひ女のせっきゃうかたり、かねたたき坊などゐければ、皆皆銭をとらしける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android