コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唱門師 しょうもんし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唱門師
しょうもんし

古代~中世に正月に参内し,毘沙門経を訓読したり,曲舞 (くせまい) をして祝儀をなした雑戸の民。声聞師,しょうもじともいう。中世には,祈祷,祓 (はらい) ,卜占などを業とする民間陰陽師として,門付けをし,また呪術的芸能をも伝承した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうもん‐じ〔シヤウモン‐〕【唱門師】

中世、祈祷(きとう)・卜占(ぼくせん)や祝福芸能を業とした下級陰陽師(おんようじ)室町時代には奈良興福寺に座が結成されたほか、京都など各地に存在し、曲舞(くせまい)猿楽などの芸能を行ったが、江戸時代には賤民(せんみん)化した。声聞師(しょうもんじ)。しょうもじ。しょもじ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唱門師
しょうもんし

唱聞師、声聞師、唱文師、聖文師とも書き、「しょうもんじ」「しょもじ」ともいう。中世から名が現れ、民衆の門口に立って金鼓(きんこ)を打ち、経文や寿詞を唱える芸能の一種で、施しを乞(こ)うた。大和(やまと)(奈良県)の興福寺に所属する唱門師はとくに知られ、清掃などで奉仕したが、一座を結成し、卜占(ぼくせん)、読経、曲舞(くせまい)などを行い、猿楽(さるがく)などの芸能を支配する権利を得ていた。近世の京都では大黒(だいこく)ともよばれ、皇居の門で元旦(がんたん)に毘沙門(びしゃもん)経を訓読して玉体の安穏を祈った。中世から近世初期にかけて毎年正月に宮中に出入りして千秋万歳(せんずまんざい)を奏したのも唱門師たちであった。京都のほか、近江(おうみ)(滋賀県)や河内(かわち)(大阪府)など各地に存在し、近世の大道芸人の先駆をなした。[関山和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の唱門師の言及

【声聞師】より

…〈しょうもんじ〉〈しょもじ〉とも。用字は文献によってまちまちで唱門師,唱聞師,聖問師,唱文師,誦文師などとも記される。声聞師の源流については律令制下の中務(なかつかさ)省陰陽寮に属していた陰陽師が没落して民間に流れたものに始まるともされているが,よくわかっていない。…

※「唱門師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

唱門師の関連キーワード千秋万歳・千寿万歳万歳(まんざい)千秋万歳松囃子大道芸遊行人幸若舞近世万歳説経唱門

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android