読法(読み)どくほう

精選版 日本国語大辞典「読法」の解説

どく‐ほう ‥ハフ【読法】

〘名〙 (「とくほう」とも)
① 本などの読みかた。
※随筆・文会雑記(1782)二「金瓶梅二帙百回、梅村携へ来る、〈〉読法なども有之なり」
② もと、軍人勅諭とともに帝国陸軍軍人軍属の遵守すべき道徳的戒律として示された七箇条の誓訓で、軍人や軍属が入隊または任用のさい宣誓署名捺印してこれを守ることを誓った。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android