コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

読通鑑論 どくつがんろんDu tong-jian lun; Tu t`ung-chien lun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

読通鑑論
どくつがんろん
Du tong-jian lun; Tu t`ung-chien lun

中国,司馬光の『資治通鑑』の記事を対象とした史論。 30巻。明末清初の学者王夫之 (船山) の著。康煕 26 (1687) 年完成。『資治通鑑』の記載に従って秦から五代にわたる歴史上の事件や人物についての評論をおもに記述したもの。また『宋論』 (15巻) は本書の続編といえる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android