コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王夫之 おうふうしWang Fu-zhi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王夫之
おうふうし
Wang Fu-zhi

[生]万暦47(1619)
[没]康煕31(1692).衡陽,石船山
中国,明末清初の思想家文学者湖南省衡陽の人。字は而農。号は薑斎,一瓠道人など。晩年衡陽の石船山に居を構えたので,船山先生と称せられる。崇禎 15 (1642) 年挙人に及第したが,まもなく明朝が滅び満州族の清朝の成立にあった。反清の兵をあげて失敗し (48) ,明の亡命政権に仕え (50) ,内部の腐敗に絶望して帰郷,清兵の探索を逃れて潜伏したりしたが,その後は研究,著述に専念。その領域は家学ともいうべき春秋学をはじめきわめて広いが,一貫して流れるのは異民族統治下に身をひそめ,それを拒否する者の民族意識であり,特に晩年には朱子学から抜け出て独自の思想を示し,その著『読通鑑論』『宋論』『黄書』などは清末における排満思想に大きな影響を与えた。詩文にも長じ,『詩鐸』『夕堂永日緒論』など詩論にもすぐれた考察がみられる。その多くの著作は,大部分が清朝政府によって禁圧され,19世紀後半になり同じ湖南の人曾国藩によって『船山遺書』として刊行された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おう‐ふうし〔ワウ‐〕【王夫之】

[1619~1692]中国、明末・清初の思想家。衡陽(湖南省)の人。字(あざな)は而農(じのう)。号は薑斎(きょうさい)。船山先生と称された。清軍の南下に抵抗したが、のちに隠退して学問著述に専心、各方面にわたる研究を残した。その強い民族思想や、独自の気の思想は、後世に大きな影響を及ぼした。著「周易外伝」「張子正蒙注」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

王夫之【おうふし】

中国,明末清初の学者。字は船山。湖南省衡陽の人。明の遺臣。復明運動に参加し,のち郷里の石船山に隠棲(いんせい)し著述に専念。《読通鑑論》《宋論》の歴史哲学は,歴史上の事件はすべて一定の型によって生起するとした。
→関連項目考証学章炳麟太虚明夷待訪録

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おうふし【王夫之 Wáng Fū zhī】

1619‐92
中国,明末から清初の思想家。湖南省衡陽県の人。字は而農(じのう),号は薑斎(きようさい)。晩年,衡陽の石船山に隠棲したので,王船山の名でも知られる。明の崇禎15年(1642)の挙人。清軍の侵入により南京が陥れられ,彼の郷里も占領されると,衡山で挙兵して敗れ,いったん肇慶(ちようけい)に逃れた明王室の桂王の行在におもむいた。しかし廷臣内紛に絶望し,1651年(永暦5),家族とともに郷里に帰り,以後はもっぱら学問と著述にふけった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おうふうし【王夫之】

1619~1692) 中国、明末・清初の学者・思想家。字あざなは而農じのう、号は薑斎きようさい。通称、船山先生。明の遺老いろうとして隠棲、経史・文学などの著作を著し、陸象山・王陽明の学を否定して朱子学を批判的に継承。その華夷かい思想は、清末の排満革命思想に影響を与えた。文集「王船山遺書」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

王夫之
おうふうし
(1619―1692)

中国、明(みん)末清(しん)初の三大思想家の一人。湖南省衡州(こうしゅう)(衡陽)の人。字(あざな)は而農(じのう)、号は薑斎(きょうさい)、一壺道人(いっこどうじん)。船山(せんざん)先生と慕われた。26歳で明の滅亡にあい、以後の半世紀を、異民族である満洲族の中国支配に屈服せず、湖南省の山中で中華の道の闡明(せんめい)と自民族回復の方途(みち)の探究に専念した。彼は北宋(ほくそう)の学者張横渠(ちょうおうきょ)(載)の思想に深い影響を受けたが(代表作『張子正蒙注』)、彼自身の40年にわたる峻烈(しゅんれつ)な山中での学問的実践によって、あくまでも生き抜いて中華の道を絶やさない能動的な「生」と「動」の哲学と、異民族支配や異端(老荘や仏教)を峻拒するナショナルで党派性をもった思想を築き上げた。彼の膨大な全集は清末に同郷の曽国藩(そうこくはん)兄弟によって刊行され、とくに、若き日の論である実学を重んじた「道器論」(『周易外伝(しゅうえきがいでん)』)や愛国的中国論『黄書』(38歳の作)は、清末の譚嗣同(たんしどう)や愛国人士らに愛読され、多大な影響を与えた。[小川晴久]
『高田淳編・訳『王船山詩文集』(平凡社・東洋文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の王夫之の言及

【天理】より

…このような朱熹の見解は,彼が当時目にした人間と社会に対する危機感にもとづくものであったが,朱子学が権威化してゆくにつれ,天理人欲の名において人間性を抑圧するようになったのも事実である。明末・清初の王夫之(船山)が〈人を離れて別に天があるわけではなく,欲を離れて別に理があるわけではない〉(《読四書大全説》巻八)などと述べ,清の戴震(たいしん)も情欲肯定論を提起した(《孟子字義疏証》)のは,それに対する反発であった。【三浦 国雄】。…

※「王夫之」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

王夫之の関連キーワード経世致用譚嗣同顧炎武陸象山司馬光黄宗羲

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android