コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誹諧発句帳 はいかいほっくちょう

1件 の用語解説(誹諧発句帳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はいかいほっくちょう【誹諧発句帳】

俳諧撰集。親重(ちかしげ)(立圃(りゆうほ))編。1633年(寛永10)刊。《犬子(えのこ)集》編集中,異なる俳系に属して,準拠する法式も違った共編者重頼と意見が対立して決別,重頼に奪われた同集に対抗し,刊行した発句集。《犬子集》の本文を切り継ぎ,句数を増補して新味を出し,句形や作者名を修正して,暗に《犬子集》のずさんさを批判している。しかし俳諧史上の意義は類題句集の嚆矢(こうし)《犬子集》に及ばない

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone